スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

持っていてると便利?

今日は小ネタです

自転車のバルブの種類は3種類あります

フレンチ(仏式)バルブ  (スポーツ自転車によく使われているバルブ)
シュレッダ(米式)ーバルブ(車やオートバイに使われているバルブ)
ウッズバルブ(英式)バルブ(ママチャリに使われているバルブ)

私のバイクはフレンチバルブなのでフレンチバルブ→シュレッダーバルブ変換アダプターをツーリング等で持って行きます。
10121302.jpg

10121301.jpg

携帯用ポンプも持っていきますがこのアダプターは保険みたいなもの
パンクした時に役立ちます
ヒントは車やオートバイと同じバルブに出来ること・・・
最近は街の自転車屋さんは少ないですからね
シュレッダーバルブなら使えるお店が多いです(^^)

無くても困らないパーツですが・・・
一応持ってます(笑)
スポンサーサイト
.13 2010 車体、用品、パーツ comment20 trackback(-)

飲みすぎました

今日は朝から色々ありまして・・・
お酒を久しぶりに飲みすぎました
ただでさえ誤字、脱字が多いのに今の状態でコメント下さった方にレスをするのは失礼となります。
明日には必ずレスしますので誠に申し訳ありませんがしばしお待ち下さい m(__)m

今日はちょっと飲みすぎた酔っ払い親父 yamaiko
.12 2010 日記 comment5 trackback(-)

友人のフレーム組み立て

今日は午前中は用事があったので昼から走りに行こうかと思っていたのですが
残念ながら昼からは雨です(--:)
乗りこみ不足を少しでも解消したかったんですが・・・残念!

暇にしてた所に友人がフレーム買ったそうなので見に来て欲しいとの電話がありました。
まあすることも無かったので見に行ってきした。
到着すると・・・
彼はすでにフレームの組み立て作業を始めてます
えっ?見るだけと違うの?
騙されました(--)
結局乗せ換えのお手伝いです(汗)
正確には友人が私のお手伝い状態だったんですけどね(笑)
ヘッドセットやクランクはショップで取り付けられていたので思ったより早く作業は完了しました。

まあ組み立てるの好きですから別に良いんですけどね
でも最初から組み立てるの手伝って欲しいと言って欲しかったですね
そうすればそれなりに工具等を用意して行けたのですが・・・
次からはちゃんと言って下さいね

PS:今日はカメラも持っていっていないので画像なしです m(__)m
 それに組み立てた自転車はMTBじゃないので良いかなと・・・

.11 2010 日記 comment6 trackback(-)

スピナハンドルは自転車整備に必要?

スピナハンドル(ブレーカーバーとも言います)
自転車整備では使わない人もいるでしょうが私は専用工具を使う為に使用します
参考:ロックリング取り付け←クリックすると交換した時のページへ

今回は自転車で使いやすいサイズの250ミリ(自己基準)
3つの工具箱から1本づつ出しました
10121001.jpg
上からHAZET(メイン)、KO-KEN(持ち運び用)、旧KTC(貸し出し用)
サイズは3/8inch(9.5mm)
ヘッドのマウント部
10121002a.jpg
右からHAZET(メイン)、KO-KEN(持ち運び用)、旧KTC(貸し出し用)
旧KTC1本だけ形状が違います
他のメーカーのは接合部のハンドル部分がY字型
旧KTCはシャフトが凸型でマウント部がY字型になっています。
(注*KTCも21世紀モデルから他メーカーと同じタイプになっています)

わかりやすいように個別画像
10121003.jpg     10121004.jpg
左がKO-KEN 右が旧KTC

KTCタイプのスピンナハンドルはマウント部の強度が弱く折れることがあります(友人のは折れました)
また作業中に指などを挟んで怪我をする事があります。
それと自転車の場合はスペースが広いのであまり関係ないのですがヘッド部分が高くなり狭いところでは使いにくい欠点もあります。
10121005.jpg     10121006.jpg
高さがかなり違いますよね
これから購入を考えている方は旧KTCタイプは避けて出来ればKO-KENタイプを選ぶことをお勧めします
(KTCも新型になっているのでこのタイプは今ではほとんど見ること無いですがたまにあります)

どこのメーカーでも良いと思いますが私のお勧めはKO-KENです
値段も安くよく考えて設計されています
なんとシャフトの部分が楕円形になっています
10121007.jpg     10121008.jpg
ちょっと画像ではわかりにくいですがトルクをかける方向に太くなっています

このちょっとした工夫にソケットレンチ専業メーカーのKO-KENの拘りを感じます
さすがに世界で認められているだけの事はありますね

ちなみにKO-KENのハンドル部分は3種類
画像のローレット加工されたハンドル、磨き加工されたハンドル、樹脂製ハンドルの3種類から選べます
(寒い地方では樹脂ハンドルがお勧めです)

スピナハンドルは他の工具があれば無くても問題ありません。
しかし1本あれば必要なサイズのソケットを買えば色々使い道があるので個人的には1本あっても良い工具かと思います
.10 2010 工具 comment7 trackback(-)

CHARGE SPONGE GRIP

現在使っているグリップ
10120901.jpg

上 CHARGE NEW SPONGE GRIP(ハーフワッフルタイプ) グリップ径 約28mm
中 CHARGE SPONGE GRIP グリップ径 約31mm
下 UN AUTHORIZED Full Throttle グリップ径 約29mm


私は細いグリップが好きなのでCHARGE NEW SPONGE GRIPが一番気に入っています。
今まで使ったロックオングリップの中では1番細いです。

CHARGE SPONGE GRIP
10120902.jpg     10120903.jpg
こちらは中のスリーブの一部がカットしてあります

CHARGE NEW SPONGE GRIP
10120904.jpg     10120905.jpg
少しわかりにくいですが上半分のスリーブがありません
これがこのグリップが薄い秘密です。
今までのロックオングリップとは違うダイレクト感があります。

10120907.jpg     10120906.jpg
クランプの形状が違いボルトもCHARGE NEW SPONGE GRIPは1本CHARGE SPONGE GRIPは2本になっています。

細いグリップが好みの方にはCHARGE NEW SPONGE GRIPがお勧めです

参考までにこのグリップはVELO製なのでVELOに同じ商品があります。
GRABS SKELETON LOCK ON GRIPとALLOY LOCK ON GRIPが同じつくりになっています
ただALLOY LOCK ON GRIPは2種類あり片方は旧型と同じですので購入する時は注意が必要です
見分け方はクランプの形状とボルトの違いで判断すると良いかと思います


.09 2010 車体、用品、パーツ comment4 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

yamaiko

Author:yamaiko
京都出身 大阪在住の自転車好きな親父
京都、大阪を中心に走っています。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TEAM KEEP LEFT

TEAM KEEP LEFT
TEAM KEEP LEFT公式サイト

地球の名言?


presented by 地球の名言

検索フォーム

QRコード

QRコード

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。